deviantART(デヴィアントアート)の日本語解説/登録/使い方/著作権/ダウンロードの説明。 deviantARTメンバーからの贈り物
deviantART(デヴィアントアート) deviantARTメンバーからの贈り物
deviantART日本語解説TOPへ戻る

deviantART(デヴィアントアート) deviantARTメンバーからの贈り物

deviantARTでは、突然のプレゼントを贈られることがあります。
 
最も多いのが、「LLhama」ラーマバッジと呼ばれるラマのアイコンのような絵です。自分のTOPページの右上のほうに表示されます。あげるのも無料ですし、特に意味が無いと言えば無いのですが、これを100個集めると突然に胸に赤いスカーフを巻いたラマに変身したり、黒いラマに変身したり、いろいろと遊び心があります。これがほしいために、deviantARTの本来の使い方そっちのけで、いろんな相手にラマを贈って自分にお返しをしてもらったりしながら、数千という驚異的なラマを集めているメンバーも見かけますが、それもひとつのメンバーの個性かもしれません。
 
次に驚くかもしれないのは、有料のメンバーシップを誰かメンバーから贈られる場合です。これは、有料会員になって更新時期が来ると、その継続期間と同じ「有料会員メンバーシップ」を、無料で誰かにプレゼントできたりするためです。deviantARTからのプレゼントでもありますが、より多くのメンバーに有料会員を一度経験してもらうことで、以後も優良会員を継続してもらおうという、よく出来た仕組みでもあります。
さて、そのような贈り物は、どのようなメンバーにプレゼントされるのでしょう?・・・それは、あるメンバーのことを熱心にサポートするメンバーです。サポートとは、常日頃から、そのメンバーが投稿した作品にコメントを書いたり、あるいはJOURNAL(ブログ・日記のようなもの)の中で、そのメンバーの話題を紹介し、取り上げることなどです。
ならば、そうしたプレゼントを期待してサポートするメンバーもあるのでは?という憶測があるかもしれませんが、deviantARTのコミュニケーションはほとんど毎日動いています。有料会員になったからといって凄いメリットがあるわけでもなく、一方で、毎日コメントしたり、熱心にサポートすることは大変なことです。日本とはお金の価値が異なる国が多々ありますが、プレゼントを期待したサポートなどは、まず無いと考えて良いでしょう。
 
たくさんのサポーターのひとりひとりに支持されることで、自分の作品やコレクションは、急激に広まっていきます。
 
 
deviantART日本語解説TOPへ戻る
壁紙SAMURAI  2002年5月サイト開設 2009年5月に訪問者数が2000万人を超えました。日頃のご愛顧、誠に有難うございます。
壁紙SAMURAI はすべてのページがリンクフリー!ブログや掲示板で自由にご紹介ください。
Copyright(C) 2002-2011 FREE WALLPAPER SAMURAI All rights reserved.