deviantART(デヴィアントアート)の日本語解説/登録/使い方/著作権/ダウンロードの説明。 deviantARTでの作品販売について
deviantART(デヴィアントアート) deviantARTでの作品販売について
deviantART日本語解説TOPへ戻る

deviantART(デヴィアントアート) 作品販売について

アート作品をインターネットで販売(陳列)するのは簡単なことですが、購入されることとは別物。deviantARTも例外ではありません。「参加目的別の活用法」でも書きましたが、綺麗な写真はインターネット上にあふれています。イラストも同様で、自分でハガキなどにプリントしようと思えば、ほとんどの人ができる時代です。ですから、写真やイラストの販売には相当の創意工夫、奇抜なアイデアが必要でしょう。
 
写真やイラストの販売
非常に高いハードルです。勝機があるとすれば、deviantARTのメンバーの非常に多くが、何らかの超日本びいきであるという事実と、deviantARTでの発言、行動、お気に入りの傾向を分析して、ターゲットを揺さぶる商材を「あぶりだす」ことが出来るかどうかでしょう。「あぶりだす」とは、deviantARTの機能である「POLE」というものを使って、好き嫌いや様々なアンケートを実施することです。メンバーによっては、まさにダイレクトに「このアートを買いたいか?否か?」「いくらなら買いたいか?」といったアンケートを写真つきで行っていることもあります。貪欲にニーズを探り出し、的確なターゲット(WATCHER)を集めることが、deviantARTでのコンスタントな販売も夢ではないでしょう。
 
オリジナルアート(シルバーアート等の販売)
deviantARTには、たくさんの写真やイラストが投稿されていますが、よく見ると写真の中には「リング」などを写したものがあったりします。これは自分のオリジナルアートを写真に撮ったものであり、それを販売したいメンバーが投稿しているものです。このようにdeviantARTの写真は、手作りのアートを販売する目的で投稿していることもあります。例えばシルバーアートなど、欧米アジアなどニーズが広いものであれば、ヒット作品を産み出すことも可能でしょう。
 
絵画アート等の販売
絵画アートは4種類。最初の3つは、日本でも海外でも売れない。(よく言えば時代が合わない・・・)日本でも海外でも売れる。日本で売れて海外で売れない、というもの。そしてもう1つは、日本で売れないが海外で売れる、というケース。この最後のケースを、deviantARTは待っているかもしれない。つまり、自分の作風を極め、ずっとブレイクを待っているがまったく賞に縁が無い。そんな場合には、世界のアートの勉強もかねて自分の作品を投稿し、さまざまな批評を求めるのも良いだろう。場合によっては、deviantARTを通して、バイヤーの目に触れるかもしれない。アートで生活しようと思うなら、deviantARTの世界を活用しないことはないだろう。
 
deviantART日本語解説TOPへ戻る
壁紙SAMURAI  2002年5月サイト開設 2009年5月に訪問者数が2000万人を超えました。日頃のご愛顧、誠に有難うございます。
壁紙SAMURAI はすべてのページがリンクフリー!ブログや掲示板で自由にご紹介ください。
Copyright(C) 2002-2011 FREE WALLPAPER SAMURAI All rights reserved.