壁紙hirolu は、Yahoo!カテゴリ登録7周年!訪問者2000万人突破! HOMEはこちらです! > 壁紙hirolu の歴史について
サイトマップ SITEMAP 壁紙サイトリンク集 PSP壁紙 TVや映画の壁紙 言葉の壁紙 名言 カレンダー壁紙 アニメ・キャラクターの壁紙 景色の壁紙写真 CGアート壁紙 高解像度モニタ用壁紙 著作権フリー素材写真 壁紙hirolu の歴史
< 壁紙hirolu の歴史 >
これは、サイトオープン後わずか2ヶ月で誰かによってYahooに推薦・登録され、突然のアクセス急増にうろたえながらも、なんとかアクセス数に見合うサイトにしようと奮闘した、真実の物語である。。。( ̄Д ̄;)・・・(呆?)
Just Kidding.....Don't be serious, Please!.......lol
 ◇ 創 生 ◇ 以下は、プロジェクトXのナレーション 田口トモロヲ風味でお読みください・・・
2002.5.5 自らのデスクトップ用に制作した風景写真の壁紙を、WEB上にアップロードしようと思った。写真を展示するサイトが最初のきっかけだった。
ハンドルネーム:「Sodier」の由来はPROFILEにあります

2002.5.6 写真箱のメニューへデスクトップ壁紙写真を追加してみた。写真のサイズを変更するために、初めてPhotoshopを使った瞬間だった。

2002.5.12 ペンタブレットの練習に、セレブの写真をトレースして線画をつくり、それに、独自の技法で淡い色を重ねてみた。以下に線画を公開。下に制作過程を簡単に紹介。絵は実物の50%縮小。
下書きから完成まで
PhotoshopとWACOMペンタブレットを使用。・・・最初に写真から線画を描き出す。着色段階で線を修正するので、ラフで十分。別のレイヤーとして写真を、ノイズのダスト&スクラッチ2~3程度で加工。それを線画のレイヤーの下に置く。線画の透明度を下げていくと、下のレイヤーの色が出てくるので、それを参考に上の線画へ着色していく。この着色で線画の線が一部薄れるので、再び線を描きなおし、最後に必要な箇所はボカシツールで馴染ませる。特に瞳は、色や輪郭のほか、光の反射などを白い点で描きこむ。

2002.5.24 スタートレックファンサイトメニューを追加した。出来栄えは上々だと思っていた。・・・世間を見渡してみた・・・・・・秀逸なスタートレックサイトが星の数ほどあった。。。海外へ行くと更にその星の砂の数ほどもあった。・・・自分の壁紙サイトは小さな砂の1粒だと悟った・・・

2002.5.25 コンテンツが無いので、イラストも描いてみた。・・・

◇ 検索エンジンへの登録 ◇ ひき続き、田口トモロヲ風味でお読みください・・・
2002.5.27 いったいどうすれば、自分のサイトを見に来てくれるのだろうか?・・・そうだサーチエンジンに登録しなくてはいけない・・・でも、その登録って一体?どんなことなのだろう?・・・いろいろとネットで検索してみた。・・・一発太郎というサイトに辿り着いた。・・・親切なことに、無料で複数の検索エンジンに登録してくれるらしい。これに登録してみようと思った・・・。
一発太郎 http://ippatsu.net/TARO/

2002.5.30 その一発太郎というサイトで、実に多くの検索エンジンやサイトが存在することを知った。聞いたこともないサイトもたくさんあった・・・。ネットアイランド?サーチ女史???・・・なんだろう・・・それらのサイトに行ってみた・・・
ネットアイランド http://www.netisland.jp/
サーチ女史 http://search.netisland.jp/

then... サーチ女史、ネットアイランド、姉妹サイトのようだった。どちらもアクセス数が多いらしい。よくわからないが、登録してみたくなった・・・。
◇ カウンターの設置 ◇ ついに・・・訪問者数が判明・・・
2002.6.02 誰かがサイトに来てくれる。それは嬉しい。・・・でもカウンターなるものを設置していなかったことに気づいた・・・汗・・・・・・どんなカウンタがあるものかと、またネットで検索してみた・・・。・・・いろいろあるものの、広告表示がされたり、カウンターを設置することで、極端に表示速度が遅くなるものもあった。・・・そして行き着いたのが、会津大学の学生による実験的なプロジェクトだというカウンターだった・・・。シンプルで説明もわかりやすく、これを使わせていただくことにした・・・。URLは確かに会津大学のものであった・・・。
http://face.u-aizu.ac.jp/counter/

2002.6.04 アクセスが判明した。・・・1日に20件。重複カウントで、そのうちの10件は自らが回している。・・・10件。10人。10回。・・・よくはわからないが、嬉しいと思った・・・。
◇ デザインの変更 ◇ 今見てみると・・・何がなんだか・・・
2002.6.07 訪問者があることがわかると、サイト更新にも気分が乗った。・・・サイトのデザインも少し変えてみようと思った。・・・白をベースに、ロールオーバー効果なるものを取り入れて、マウスが来るとメニューの色が変わるようにしてみた。・・・メニュー構成の常識も何もないまま、感覚だけで制作していた。

そんな当時のサイトは、以下のようなものだった・・・壁紙はまだメニューの1つに過ぎなかった・・・
左にメニューを並べるスタンダートなもの。
NG1:メニュー構成が適当で成り行きまかせだった。
NG2:テキストが無さ過ぎで代替テキストの設定もない。
NG3:コンテンツの中も、英文ばかりだった。

◇ あるサイトとの遭遇 ◇ ひき続き、田口トモロヲ風味でお読みください・・・
2002.6.10 @START!壁紙館という壁紙登録(投稿)サイトに遭遇した。偶然だった。。。登録した壁紙がアクセス人気順でランキングされるのが面白いと思った。登録してみた。ランキングに出た。驚いた。。。しかも、壁紙がサイトに出るだけでなく、その下には自分のサイトの名前とURL(リンク)も掲載される・・・これで1日のアクセスは倍増し、日に50アクセスを超えることもあった。

2002.6.11 アクセスが増えたので、日々どれぐらいなのか、推移を記録することにした。それは前日の同時刻のカウンター数を、当日同時刻の数から引き算するという、あまりにも単純なものであった。日に40から70・・・これ以上はどうしたら増えるものか?・・・アクセスの内容分析のことを考えもせず、ただアクセス数を見ていた。

then... 妙案などはない。・・・ただホームページを登録できるサイトを探して、いろいろなサイトに登録していけば、地道ながらもアクセスが増えていくと思った。・・・同時に増えた場合には、内容も考えていかなくてはいけない!・・・などと・・・取らぬ狸の心配までしていた。
◇ アクセスランキング ◇ そうだったのか・・・
2002.6.16 アクセスランキングなるものを、よくよく考えてみた。・・・そのサイトに、どのサイトからどれだけ来ているのか、その数が表示される・・・一般に逆アクセス、あるいは英語でrefererなどと呼ばれていた・・・。
自身のサイトから送り込む数が多いほど、相手のサイトのランキング上位に出る。だから、そのサイトから自身のサイトに来る人の数も多くなる。・・・理にかなっていた。

then... そう。・・・・・・当時、入り口がよくわからないサイトに疑問を感じていたが、理由がわかった・・・。自身のサイトへブックマークから来てくれる割合の問題だと気づいた・・・。この割合が多いサイトでも20%程度と言われる。・・・つまり80%は初めての訪問者なのだ。・・・そして規約などをよく読まずに、直感的にいろいろクリックしていく人が多い。他のサイトへ飛ぶと、結果的にはおよそ同数のアクセスがそのサイトから返ってくる。1人が別の1人を呼んでくる・・・アクセスがアップする。・・・そして常連でよく訪問してくれる人は、入り口を場所をよくわかっているし、その入り口の中をブックマークすることになる・・・そういう仕組みだった・・・
◇ デザインの変更 再び ◇ 表示速度との戦い・・・
2002.6.20 上のことがわかった上で、サイトデザインと構成を変更した。・・・ランキングや相互リンクなどを、できる限りサイトデザインとなじませるように、すべての相互リンクのアイコンを自作した。・・・このことは同時にTOPページのサイズを大きくした。壁紙もできる限りTOPに縮小イメージを置きたかったので、常に表示速度が問題となった。ブロードバンドの現在では、考えられない悩みだった・・・。

2002.6.20
2002.6.20 当時
アクセスを相互リンクへ運ぶため、各所にアイコンを配置し、特に目立つ場所や、サイト中央に配置した・・・
◇ 変なサイトにしよう ◇ すべて間逆に・・・
2002.6.22 表示速度ばかり気にしてつくりなおすと、つまらないデザインになった。せっかくつくるなら普通はつまらないと思った・・・。ENTER(入り口)をわかりにくく設置することもやめた。コンテンツをカテゴリーで細分化し、別のサイトのように仕上げ、そのバナーを自身のサイトに入れた。いわば子サイトから、中央のメインサイトへアクセスが集まるように考えた。・・・偶然だが、これは最近よく見るSEO対策本で、まさに効果がある仕組みであるとわかった。
またサイトの各メニューからのリンクを、思わぬところに入れたり、遊んでみた。・・・まさにドンキホーテのような構造にして、何度も訪れていると新しい発見があるサイトにしようと思った。
◇ 突然のアクセス急増 ◇ 1日50アクセスが、一気に300近くに・・・
2002.7.下旬 アクセスが突然に増えた。なんだろう?・・・なんと・・・この時点まで解析をしてもいなかったので、わからなかった。きっとどこかに掲載されているのだろう・・・ぐらいに考えていた。このとき、やはりアクセス解析を始めなければ・・・と思った。
◇ Yahoo登録 ◇ それは偶然の発見だった・・・
2002.7XX 外出先。大手家電店でインターネットができるパソコンがあったので、ためしに検索してみた。Yahooカテゴリーに出ていた。自分のサイトがYahooに・・・。3秒ぐらい口を開いたまま驚いていた。登録した覚えはなかった。申請をしても、掲載されるはずがないと思っていた。・・・大きな謎だった。クリックしてみると画面がだんだん現れた。確かに自分のサイトだった。。。もう一度驚いた。。。数秒のため息のあと、しっかりしなければなぁぁぁ・・・などと思った。
 ̄Д ̄;)・・・
◇ アクセス解析 ◇ もっと早くすべきだったと気づく、その内容は・・・
2002.8.4 アクセス解析。なんとなく未解析で進んできてしまったが、Yahooのこともあり、必要性を痛感した。・・・どのサイトから最も多く来訪し、また自身のサイトのどのページをどのぐらい見ているものなのか?それがすべて判明するときが、ついに来た・・・。驚くべき結果だった。

then... そう。・・・・・・人はサイトの説明や、著作権についてのページは、ほとんど読まないのだった。これは予想通りだった。・・・何より驚いたのは、すぐにわかる場所にしていると思ったENTER(入り口)から入場し、メニューやコンテンツの内容を見ている人の割合が、TOP訪問者全体の、実に30%にも満たなかった・・・。せっかくいろいろ用意していても、半数は見ていない。・・・そんな、ENTER(入り口)・・・の現実も目の当たりにした。

then... それはすなわち、思い込みの完全崩壊だった。この位置にあれば気がつくだろう!・・・読んでくれるだろう!・・・これならクリックしてくれるだろう!・・・事実はまったく違っていることをデータは示した。・・・これでもかと目立たせると、あるいはそんなバナーの場合、人はむしろクリックしないのだった・・・一方で、片隅にあるテキストの文字・・・そんなほうがより多くの人がクリックするのだった・・・・・・
◇ 更新頻度 ◇ 毎日更新したらどうなるものか・・・
2002.8.8 活力のあるサイト。更新は多い方がよい!・・・と考えるのが常識だが、事実は違った・・・。自身のサイトに新たなコンテンツ、見るものが多いと、滞在時間が増えて、リンク先に飛ぶ数が減る。結果的に逆アクセス数も落ちていったのだった・・・。昼休み、限られた時間の中でサイトを見る人が多いので、考えて見れば当然だった。
2週間ほど更新をやめて放置した・・・・・・。リンク先のランキングが上がり、アクセス数は増えた・・・。この例は、サイトをネット上に残したまま閉鎖?した人気サイトでも同様だった。・・・いろいろなサイトからのリンクが残っているので、すぐにはアクセスが落ちない。・・・また来訪者は、閉鎖されていると見ると、そこにあるリンク先へ飛ぶことが多い。結果、リンク先のランキングが上がるので、またその閉鎖サイトへやって来る人が多くなる・・・この繰り返しだ・・・。

then... Google、YST(Yahoo Search Technology)共通の弱点・・・上のことを逆手に取っているのか、そもそも目的が不明だが、壁紙関連でコンテンツが何も存在せず、ランキングと小さな画像だけがあるサイトがある。入り口も無い。・・・結果、そのサイトへ来た人はランキングのリンク先へ行くしか無いので、逆アクセスも多いため、そのサイトはいろいろな壁紙ランキングに登場している。GoogleでもYahooでも検索順位は非常に高い。・・・しかし・・・どう探しても、ほとんどコンテンツがなく、10位までのアクセスランキングだけがあるサイトに価値があるとは思えない。・・・だが、Google、YST(Yahoo Search Technology)への挑戦と見れば、それが存在意義なのだろうか・・・。

then... 結論・・・上のような、更新頻度とアクセス数の反比例減少は多くのサイト運営者が直面するパラドックスだ・・・。・・・しかしながら、更新が少ない方がよいということは、内容にもよるが正しいとはいえない。・・・・・・短期的には上のようなことが起こるが、更新が多ければ、それだけ訪問者の頻度は確実に増す。・・・価値も増す。・・・長期的に見れば、やはり更新は重要なのだ・・・しかし!・・・最適な更新頻度は、どのようなカテゴリーのサイトなのかによって、それぞれに異なる。
情報系を含んだYahooのようなものであれば、毎日の更新が必須になるが、個人運営のサイトでは、よほどのファンでない限り、毎日は見ない。・・・つまり頑張って毎日更新しても、それをまとめて1週間に1度、あるいは数日に1度見る人のほうが多いのだ・・・。こうして考えるとBLOGの仕組みが隆盛を誇っていることも理解できる・・・。
◇ メールによる別館公開 ◇ ひき続き、田口トモロヲ風味でお読みください・・・
2002.8.15 Photoshopの可能性。CG・写真加工・ありえないような合成。それを壁紙にするというテーマ。・・・ペイントソフトの面白さを皆さんにも知ってもらいたい。そんな気持ちだった。・・・時には、パロディ的要素やユーモアの要素を盛り込んで、常にユニークな手の込んだものを制作した。・・・だがやはり2次的著作物であり、インターネットで海外まで流れると、オリジナルを知らぬままにマウスパッドやGOODSを勝手に制作してヤフオクやe-Bay(世界最大のネットオークション)で販売するという現象まで起こる。よって・・・該当する壁紙コンテンツについては、メールを送ってくれた方だけに限定して公開することにした。
TOKYO ART JUNGLE ・・・なぜかそんな言葉が浮かび、それが別館の最初の呼び名だった・・・

2002.8.下旬 メールを送るなんて面倒なことをしてくれる人が、予想に反して多かった。3ヶ月で5000通以上のメールいただいた。昼食の時間帯には特に多くのメールが届いた。みな、学校や職場で楽しみにしてくれているのだ。・・・。それにメールには嬉しい感想やコメントもあり、サイト訪問者と初めてつながった瞬間でもあった。
◇ サイト運営者との交流 ◇ ひき続き、田口トモロヲ風味でお読みください・・・
2002.9.24 縁あって、m.koyamaさんのサイト「beautiful girls =actress=」を知った。凄い内容だった。感激した。当時の自身のサイトとは内容も、量も、センスも格段に違った。
また縁あって、真崎みやびさんのサイト「L.U.V.」を知った。L.U.V. = Loving yoUr Voiceというサイト名にも魅せられた。まったく違う世界を見た。コスプレだった。楽しいと思った。
サイト運営の一番の楽しさは、結局、ほかのサイト運営者との交流、親交だった。思わぬつながりが持てる。学生だったり、いろんな職業であったり、それぞれのこだわりも楽しい。

2002.9.30 自身のサイトに、初めてヒストリーとプロフィール(HISTORY・PROFILE)のページを掲載した。プロフィールでDARKANGELのローガンもどき写真を制作したのはコスプレイヤーの真崎みやびさん(ハンドルネーム)の影響だった。。。。ヒストリーを追加したのはm.koyamaさんの影響だった。。。。
・・・すぐに感化されている自分に気付いた。。。。( ̄Д ̄;)
◇ デザインの変更 3代目 ◇ 根本から変えた・・・
2002.12.14 サイト構成を大幅に変更した。分散されていた多くのサイトを統合。TOPページは、濃い目のパープルを使った。・・・・従来から使用していた満月とイルカの組み合わせをサイトイメージとしてバナーも制作した。・・・これまで曖昧だったメニューを、ある程度常識的な内容にした。・・・様々なコンテンツが混在しているため、著作権ページを細かく記載し、詳細な内容にした。
then...
2002.12下旬当時
TOPメニュー下の小さい画像は最近の構成だが、2002年の12月から2006年の3月までは、基本的にこのデザインだった。
◇ 壁紙制作依頼 ◇ 壁紙はアライアンスツール・・・
2003.6.5 メールが届いた。・・・私の写真を送るので壁紙にしてほしいというものだった。ネットアイドル「YUN」さん。・・・壁紙を公開し、自身のサイトの訪問者プレゼントにするという。・・・それに壁紙投稿サイトに出せば、その壁紙写真を見て気に入った人がサイトに来る・・・壁紙は個人・商用問わず、いろいろな展開が可能なツールだったのだ・・・。
>> 背景合成も制作させていただいた。
◇ かくも長き不在 ◇ 2003.12~2004.12までの休息期間・・・
2003.12
~2004.12
実に1年間・・・サイトを未更新のままに日々が過ぎた・・・
何かを急ぎすぎた?・・・というより何かに向かってもいなかったので、おのずと行き止まりの果てに辿り着く。・・・閉鎖はしないが更新もしない。・・・そんな月日が過ぎるが、上で記述した論理(更新頻度と逆アクセスの関係)を証明するかのように、サイトのアクセスはなかなか落ちなかった・・・。
◇ 再 始 動 ◇ 2003.12~2004.12までの休息期間・・・
2005.7.1 MacFANの8月号に壁紙を掲載したいという依頼が来た。これほどの不在のあとに・・・嬉しいメールだった。・・・そのせいか、本来のオールジャンルをテーマにした新たな壁紙も制作して見たくなった。
2005.7.24 再始動・・・。1年半ぶりの更新だった・・・。
2005.8.30 徐々にアクセス数を回復。以前の70%ほどだか、それでも十分に嬉しい。
雑誌「iP」11月号に壁紙を掲載掲載したいという依頼が来た。さらに嬉しい。
2005.10.30 急速にアクセスを回復。Yhaooの検索エンジンにYahoo検索YST(Yahoo Search Technology)が導入されたこともプラスに働いているらしく、「壁紙」で検索した結果、3900万件の9位に表示されていることがわかった・・・。
◇ テーマの再確認 ◇ Something Different・・・何か違うもの・・・
2006.3.11 ACT1:
基よりテーマだったもの、幻想的な壁紙、面白いユーモア壁紙、漢字や名言をテーマにした壁紙、オリジナルアート・イラスト・絵画・CGの壁紙、POSERとPHOTOSHOPを同時に駆使した、これまでにない更なる超3D合成壁紙。
これらをテーマごとに独立したサイトとして、デザインもそれぞれに個性的なものとして構築する。
ACT2:
このサイトへアクセスする検索ワードの来訪要求に応えられるよう、映画・TV・セレブな壁紙リンクを充実させて、同時にアート・CG・景色写真の壁紙サイトへも導く。
ACT3:
サイトの歴史と共に知りえた知識や情報を、これかWEB制作を始める方や、すでにはじめていてアクセスアップに悩んでいる方々へ、微力ながらもお役に立てるようにコンテンツを準備していく。

2006.3.15 そんな小難しいことを考えていたら出来たのが、次のような壁紙だった・・・。
◇ デザインの変更 4代目 ◇ ブロードバンド時代に呼応して・・・
2006.4.7 サイト構成とデザインを大幅に変更した。・・・ふたたび自身の関連サイトを完全な別サイトとしてリンクした。これは1つの壁紙サイトで多種多様なものを扱った場合に、壁紙リンクサイトの多くでは登録カテゴリー数に制限があり、十分に内容を示せないことに起因している。・・・写真、CG、イラスト、漢字文字アート、面白標識パロディ、それぞれにサイトデザインのカラーを変えたのだった・・・。

◇ デザインの変更 5代目 ◇ 再始動!
2007.8.19 サイトデザインと構成を大幅変更!面白さと見やすさと奥の深さを共存させるのが狙い。まだまだ1ヶ月ぐらいは更新作業が続く模様・・・
2007.8.XX MacFANの9月号に壁紙を掲載していただきました。嬉しいことです
◇ サイト構成の大幅な変更 ◇
2007.10.14 かねてより念願であった独自のサイト構成へ変更を開始・・・この2ヶ月間で膨大な時間を要した。ほぼ50%の作業が完了した。
具体的には、壁紙の種類ではなく、雰囲気・イメージ・テーマごとに壁紙を分類をしたり、1枚1枚の壁紙ページを制作し、その壁紙のイメージに合うような壁紙サイトや関連するようなブログなどの情報を、日本中、一部は海外のサイトから探し出し、リンクを付けてく。すべてのサイトを見て、選んでいったので実に膨大な量でしたが、それはまた、様々な秀逸なサイト・ブログとの出会いをもたらすものでもありました。
◇ デザインの変更 6代目 ◇
2008.03.02 ついにサイト名称を変更。英語版サイトでの海外戦略を考えたものです
TOPのサイトデザインと構成も大幅変更をしています。3月中には更新が完了
無料の壁紙といえば壁紙ヒロル!  オリジナル無料壁紙と膨大な超リンク集!
壁紙hirolu [ヒロル] 2002年5月サイト開設 2009年5月に訪問者数が2000万人を超えました。日頃のご愛顧、誠に有難うございます。
壁紙hirolu はすべてのページがリンクフリー!ブログや掲示板で自由にご紹介ください。
デスクトップ壁紙 言葉の壁紙 携帯待ち受け グリーティングカード 人気壁紙 素材写真  PSP壁紙 iPhone 壁紙 カレンダー デジタルフォトフレーム
Copyright(C) 2002-2009 HIROLU WALLPAPER All rights reserved.  brought you by http://hirolu.com